PAGE TOP ▲

ハイブリッド工法

直営漏油修理の切り札 ハイブリッド工法

ハイブリッド工法は北海道電力殿で10年以上の研究・開発期間を経て実用化した工法です。
既に150箇所以上での施工実績があり、夏冬の寒暖差が60℃を超える北海道でも確実な効果を発揮します。
特許取得済みの特殊な材料を使うことにより、直営での施工が可能な工法です。

基本的に材料販売のみを目的としておりますが、ご要望に応じ、技術指導や施工もお受けいたします。
価格については施工規模によるため、以下の担当までお問い合わせください。

大阪本社:06-6353-6640 電力営業部:長尾
東京支店:03-3514-2701 営業部:岡

ハイブリッド工法の施工手順

既設のボルトを抜き取ります。
特殊平ワッシャーポリマーガスケットを塗布し、ボルト穴の両面にボルトを使って取り付けます。
※フランジ面に塗料や錆が残っている場合はケレンを行って下さい。
ナット(標準品)を締めこみます。
漏油止めナットを締め込み、ナットの穴(2箇所)から注射器を使いポリマーガスケットを注入します。
※既設のボルトでは短く漏油止めナットを締めこめない場合、別途ボルトをご用意ください。
漏油止めナットの穴にキャップボルトを締め込みます
(2箇所)。
ボルト、ナット部からの漏油が完全に止まります。
ハイブリッド工法 動画はこちら (YouTube)

当サイト内のご質問に関しては、弊社お客様担当窓口までお問い合わせ下さい。
当サイトへのリンクは自由です。ただし著作権は阿南電機株式会社にあります。
Copyright(C) ANANDENKI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.